指定難病(第二次実施分)の検討疾患に選ばれました

厚生労働省厚生科学審議会疾病対策部会指定難病検討委員会の
指定難病(第二次実施分)として検討を行う疾患の一覧に
「静脈奇形」「動静脈奇形」「リンパ管奇形」「混合型脈管奇形」が含まれています。
また、他の疾患と合併するものでは「カサバッハ・メリット症候群」
「スタージ・ウェーバー症候群」「オスラー病」「ゴーハム病」も含まれています。
詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク